イマージョン系Modのすゝめ

f:id:haruka10701:20180103034919j:plain

はじめに

※ほぼ自分の備忘録的なものなので、基本的なModに関することは全て端折ってます。

今までイマージョン系のModは入れたらめんどくさそうだなーと思ってスルーしてきたのですが、時間が出来たので試しに入れてみることに。 入れてみた結果...

めっちゃ楽しい

不自由というものがこんなにも楽しいなんて 笑

まさにイマージョンで、ただそこらへんを歩いてるだけでも目まぐるしい変化があって面白い。気づくと現実時間があっという間に経っています 笑

使用Modリスト

Campfire - Complete Camping System

最初はキャンプがしたくて有名どころのfrostfallを入れようかとも思ったのですが、キャンプ単体のModがあったので、とりあえずこちらを入れてみました。

インストール

本家をインストール後、日本語のespがあるので、それで上書きすればOK。

概要

インストール後、ゲームを開始すると4つのパワーとMCMが追加されます。このModの簡単なフローは以下です。

  1. キャンプの資材集め
  2. キャンプの設置(焚火、テント)
  3. 焚火をする(オプション:焚火で料理を作る)
  4. 寝る
  5. キャンプの片づけ

まさにイマージョンですね。普通のキャンプと同じです。テントは自分で作ることもできますし、街の雑貨屋などでも売っています。再利用可能です。焚火は資材を専用のパワーを使ってできます。時間消費と引き換えに資材は集められます。

ただ、ここで重要なのがこのModだけだとこれらの行動すべてが全く意味をなさないということです。これらの行動に意味を持たせることで、この動作一つ一つがとてつもなく楽しく感じます。そのために導入するのが次にリストされているModです。

EatingSleepingDrinking - KuNeruNomu -

人間の生活行動をゲームに取り入れるModは結構ありました。どれを入れるか迷ったのですが、以下が決め手になりました。

インストール

英語版exeを使用している場合は、MCM日本語化のために「Interface/translations」内のEatingSleepingDrinking_English.textをEatingSleepingDrinking_Japanese.textにリネーム。

また、espの日本語化をするためにオプショナルファイルにある日本語espをダウンロードする。ただ、これバージョンが古いのでTESVTranslatorの「ツール」->「Espを開く(比較)」を使って文字列を上書き。

それぞれの行動に個別アニメーションが追加されるので、FNISの実行も必要です。寝るときのアニメーションも追加導入可能で、Go to bedから以下スクリプトを取り出して配置してあげるとMCMから就寝時アニメーション有効化を選択できるようになるようです。(試してません)

  • ../scripts/GTB_PluginScript.pex
  • ../SKSE/Plugins/gotobed_plugin.dll

概要

MCMが日本語でかつ説明も詳しいので、特筆することもなく感覚で使えると思います。ただ、このMod入れてからMCMで有効化しないと実行されません。ウィジェットも同様にMCMで有効化する必要があります。

また、いつでもオン・オフできます。なにかModを検証したいときなどは、MCMからオフにすれば即時で停止してくれるのでとても便利です。

時間経過とともに空腹や乾きゲージが減っていくので、それに合わせて行動するようになります。

それぞれのゲージが底を尽きると各ステータスのリジェネ効果が取り除かれていきます。そのまま戦闘に入るとかなりきついので、こまめに回復させないといけません。

ここで先に導入したキャンプModとシナジーを発揮し、最高に面白くなります。以下のような流れです。

  • 空腹ゲージが減ってきたから、狩りをして食材を集めよう
  • 狩りをしていたら睡眠ゲージも減ってきたからテントの準備をしよう
  • 焚火を起こして料理を作ろう(狩りで得た食材を使う)
  • 空腹を回復したから、寝て睡眠ゲージを回復させよう

こんなサイクルで冒険をするようになります。文字に起こすとめんどくさそうですが、実際やってみるとめちゃくちゃ楽しいです 笑 特に目的なくSkyrim各地を巡るだけでも本当に面白いです。

他にも料理には塩などが必要になります。なので、街に着いたらとりあえず雑貨屋に入って買い物をしなきゃみたいなことを考えるようになります。乾きを回復させるのにワインの空き瓶に水を入れるなんてことも重要になってきます。道中の水場確保なんかも非常に重要です。まさにイマーシブ。

こんな感じでまったり冒険ライフもいいですが、だんだんスリルも欲しくなってきます。そこで次にリストされているクリーチャー追加Modを入れることでさらに面白くなります。

Mihail Monsters and Animals

概要

最近ものすごい頻度で次々とハイクオリティのクリーチャーModを輩出しているMihail Monsters。リスポーンするモンスターを各地に配置してくれます。今回以下をマージ導入しました。

  • Ancient Nordic Sentinel
  • Bone Colossus
  • Cyclopes
  • Dryads
  • Giant Snakes
  • imps
  • Iron Atronachs
  • Lurchers and Briarheart Trees
  • Minotaurs
  • ogres
  • Old Gods of the Hunt
  • Vampire Beasts
  • Water hags

今のところ特に問題なく動いています。ただ、Ancient Nordic Sentinelに関しては能力値が桁違いで、そのままだとスクルダフン聖堂で詰みます。

こいつに関しては恐らくセンチネルの攻撃パターンを見切ってノーダメージで戦うことを意図しているのだと思います。それはそれでおもしろそうなのですが、スクルダフン聖堂ではセンチネル2体とドラゴンetc...が一斉に飛び出してきます。サシの勝負ならいけるかもですが、これは正直どうしようもないと思います...笑 f:id:haruka10701:20180104203841j:plain

なので、センチネルだけちょっと弄らせてもらいました。RaceのAttackDataやCombatData、CombatStyleをそれぞれ変更しました。

あと、Impもかなり強いです。序盤に出会ったらほぼ即死すると思います。が、こちらに関してはある意味序盤に出会ったら必死で逃げる対象としてRPすればそれはそれで楽しいと思い、そのままです。レベルがあがって装備もある程度整えばなんとかなるレベルです。

これで道中のスリリングな体験も追加できました。さらに旅をするたびに何か新しい変化を追加したくて、次にリストされているModを導入しました。

Adventurers PKG for Followers

こちらは一見イマージョンと関係ないように見えますが、実際入れてみると没入感が増します。

少しSkyrimから離れた話になりますが、ゲームというエンタメを考えたときにどういったところに楽しさを感じるかというと、「変化」だと思うんです。(少なくとも私にとっては)

ここまでで追加してきたModも全てゲーム性に変化を起こすものです。これらを入れることで劇的にゲームが面白くなりました。

ただ、一つ足りないのが、他との関係性です。Skyrimで言うと代表的なものがフォロワーシステムだと思います。このModはそのフォロワーシステムをユニークな形で拡張してくれます。

Skyrimには非常に魅力的なフォロワーがたくさんいます。しかし、最近では自分がこんな機能を持ったフォロワーが欲しいなというフォロワーを自作して連れまわしているので、すっかり他のフォロワーを使わなくなってしまいました。

それでもやはり自分では作れない魅力を持ったフォロワーはたくさんいます。そんなフォロワーとの交流もあったらさらに面白いと思い、このModを導入しました。

前置きが長くなりましたが、このModはフォロワーの分隊を作り、Skyrim各地を放浪させることが出来ます。

インストール

特筆することなく、普通にインストールできます。

概要

インストール後、ゲームを開始するとリバーウッドの入り口に分隊員に渡す証が入った樽が配置されます。以下の流れで分隊を放浪させます。

  1. 分隊長にしたいフォロワーに証を渡す
  2. 分隊長を解雇
  3. 分隊長に話しかけ放浪させるを選ぶ
  4. 分隊員にしたいフォロワーに証を渡す
  5. 分隊員を解雇
  6. 分隊員に話しかけて放浪させるを選ぶ

以後、4-6を繰り返します。一つの部隊の最大人数は4人です。このModをいれることで、各地を冒険しているうちに各部隊のフォロワーに再会することができ、旅の楽しみが一層増えます。 強敵と戦っている最中に偶然、別れたフォロワーと出会い助けてもらえるなんてことも上手くいけばあるかもしれません。すごいワクワクしませんか。 f:id:haruka10701:20180104203914j:plain

おわりに

私がSkyrimを始めたのはすでにModの土壌が完成した後だったので、初っ端からModマシマシのチートプレイ全開でした 笑

なので、正直Skyrimのバニラ要素にあまり触れることなくプレイしていたのですが、イマージョン系Modを入れることで元々バニラにあるシステムの素晴らしさに気づかされました。

もうSkyrimに出会って何年も経っていますが、それでも尚こんなにも新鮮な気持ちで遊べるなんて本当にすごいゲームだと思います。

これだけ自由度高く、もう無限にできるんじゃないかとう拡張性を持ったゲームの設計はどのようにされたのか非常に気になります。すごすぎる...

最近はSS撮影かModやフォロワー作りばっかやっていたのですが、またしばらくゲームとしてのSkyrimを遊べそうです。